電子タバコとは?

電子タバコとは?

液体や乾燥した葉を電気の力によって蒸気状にして吸うものを一般的に電子タバコといいます。液体を本体にセットし、アドマイザーと呼ばれる機械がバッテリーからエネルギーを得て、霧へと変化させるものが多いです。

ニコチンが入っていて通常のタバコのように使用できるものもあれば、香りを付けたのみの液体もあるので、バリエーションが広いことが特徴です。

タバコに電熱線を付けて使用するタイプと混同されがちですが、こちらは厳密には加熱式タイプという種類であり、普通のタバコを吸っているのと大きく差はありません。

地域によっては歩きたばこなどに関する条例が細かく分かれていて、加熱式も電子もどちらもダメというところもあれば

、電子タバコであれば許容されるという場合もあります。

電子タバコと加熱式タバコの違いは?

電子タバコと加熱式タバコの違いは?

電子タバコと加熱式タバコには、どちらも加熱させて煙を吸い込むという点は同じです。しかし、電子タバコはリキッドを使用しており加熱式タバコは使用していないという違いがあります。

電子タバコは、メンソールなどを含んだリキッドを加熱して煙を発生させています。外国ではニコチン入りのリキッドが販売されていますが、日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売が禁止されています。

そのため、電子タバコにはニコチンが含まれていません。これに対して加熱式タバコは、タバコ葉の入ったカートリッジを加熱させ煙を発生させているのでニコチンが含まれているという違いがあります。

電子タバコと加熱式タバコとの違いは、リキッドの使用やニコチンの有無などがあります。

電子タバコは未成年でも吸える?

電子タバコは未成年でも吸える?

電子タバコが流行り始めたのは最近のことで法整備が追いついていないので、未成年が吸っても犯罪にはなりません。

リキッドの水蒸気を吸うのでそもそもタバコでもありません。しかし警察では電子タバコもタバコと見なしているので、未成年が吸っていると補導される可能性はあります。

また警察でなくても周りの大人は未成年がタバコを吸うことに反対しているので、現場を見られると面倒なことになります。電子タバコだからニコチンやタールの影響はないと説明しても理解されないことが多いです。

実際に法律を犯しているかどうかよりも、タバコのように見える物を吸って大人に言い訳をしていることを問題視され悪い印象を与えるので電子タバコも成人になってから吸うのが良いです。