電子タバコのVAPEとはどんなタバコ?

電子タバコのVAPEとはどんなタバコ?

VAPEとは、ニコチンやタールを含んでいない電子タバコのことを指します。吸い込むのはリキッドと呼ばれる香り付きの液体で、この液体を熱して蒸気を発し、擬似的な煙を生成する仕組みとなっています。

欧米ではニコチンを添加したリキッドが販売されていますが、日本ではニコチンを含むリキッドの販売は禁止されている為、日本で購入できる電子タバコはニコチンを含まずタバコとは異なります。

様々なフレーバーの蒸気を吸引することを考慮すると、アロマ機器に近いものと言えるでしょう。また、VAPEを吸い込んで吐き出した煙は水蒸気ですから、副流煙や火災等の危険性がないというのも大きなメリットであると言えます。

健康への被害や火災の心配がないVAPEは、今後更なる注目を集めることが予測できます。

電子タバコのビタボンとはタバコ?

電子タバコのビタボンとはタバコ?

VITABON(ビタボン)は、ポップなデザインが特徴のタバコに代わる嗜好品です。ビタミンA・B・C・D・EとコエンザイムQ10を含めた天然成分が水蒸気となり、天然成分を使った7種類の香りが楽しめます。

他にも植物由来の栄養分等を配合している為、体や肌に良い効果をもたらすことが期待できます。電子タバコと似ていますが、ニコチン・タールは含まれていませんし、嫌な臭いもしなくて受動喫煙も無いというのがメリットとして挙げられます。

つまり、ビタボンという水蒸気スティックはタバコではなくサプリメントのようなものと言えるでしょう。タバコのような感覚で数種類のビタミンや栄養分が補給できるビタボンは、これからますます注目を集めることになりそうです。

ニコチン入りリキッドは電子タバコに分類される?

ニコチン入りリキッドは電子タバコに分類される?

一般的に知られている「電子タバコ」とは、いわゆる従来のタバコとはまったく異なる性質を持っているものを指します。

基本的には「ノンニコチンリキッド」を楽しむものであり、単にフレーバーを含んだ水蒸気を吸っているに過ぎません。ニコチン入りリキッドというものも発売されていますが、さまざまな理由からほとんど利用する人はいません。

むしろ、最近の主流は「加熱式タバコ」です。爆発的な人気を博した「アイコス」をはじめ、各社からさまざまな加熱式タバコが発売されている状況です。

これらはいずれも「ニコチン入り」です。ニコチンが含まれていないリキッドを吸引するものが電子タバコという位置付けが根強くある以上、ニコチン入りリキッドを使用する場合は「タバコ」としての分類になると考えた方が無難です。