電子タバコのグローの成分とは?

電子タバコのグローの成分とは?

様々な種類が発売されている電子タバコの中で、グローは本体にヒートスティックを差し込んで使用するタイプです。

グローの成分には、葉タバコと同様にニコチンが含まれていて、公式による発表では1mgから5mg程度です。タバコに依存性があるのはニコチンの影響が大きいとされますが、同時に満足感を与えてくれます。

健康に悪影響を及ぼすタバコの主な原因はタールにあり、これは葉が燃焼される時に発生します。つまり、電子タバコのグローは葉を燃やすわけではないことから、タールの発生を抑制しながらニコチンによる充実感を得られるのが特徴です。

従来のタバコと比べると、大幅に有害物質をカットできるので、健康被害を抑えることにつながります。

電子タバコのグローは発ガン性がある?

電子タバコのグローは発ガン性がある?

電子タバコのグローは火を使用しない安全性と、一酸化炭素を含む副流煙の危険性がないことで、従来の紙巻きタバコから移行する人も増えてきています。

周囲に危険性が少ないことで安心して喫煙を楽しむことができますが、問題は吸い込む水蒸気に発ガン性物質といった有害性のものが含まれていないかでしょう。

グローのキャッチコピーには有害物質約90%オフというものがあるので、一見して安全なものに思えます。しかし、グローの水蒸気にはタバコを止められない依存度の高いニコチンが含まれています。

このニコチンは血管収縮の作用があり、血液の流れが停滞することで高血圧になりやすいというデメリットが存在します。

ただし、本来ならタバコに含まれる発ガン性物質はタールに含まれており、グローにはこれが存在しないので、従来の紙巻きタバコよりは健康的であると言えます。

電子タバコのグローは依存性がある?

電子タバコのグローは依存性がある?

健康意識の向上から電子タバコを買い求める人が増えてきています。現在電子タバコは複数の会社が販売をしていますが、その中でも注目を集めているのはグローです。

他の電子タバコに比べライトな味で匂いも殆ど感じられないため、喫煙者から支持を集めています。またその本体はアルミ削り出しによって作られてモノで、スタイリッシュさを感じることが出来ます。

有害物質が9割ほどカットされるため、依存性はほとんどなく快適な生活を送れること間違いありあません。

タバコを吸っているという感じは他の電子タバコに比べやや落ちますが、それでも満足感は終えることが可能です。これから電子タバコを使用してみようと思っている人にはおすすめできる商品です。