電子タバコとは?

電子タバコとは?

電子タバコとは、グリセリンなどの食品添加物と香料を混ぜたリキッドをバッテリーで加熱して、その蒸気を吸引します。タバコの葉は一切使われていないのと、日本の薬事法で液体ニコチンの販売は禁止されているという事から日本で販売されている電子タバコにはニコチンが入っていません。一番の特徴は、タールが含まれない事です。その為、発ガン性やタバコの悪臭、ヤニ汚れ、ニコチンも含まれないので依存性という点も解決出来ます。

電子タバコが女性に人気の理由とは?メーカーも大調査!!

電子タバコのグローには害があるの?

電子タバコのグローには害があるの?

グローは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコが発売している電子タバコですが、紙巻きタバコよりも健康的というのが魅力となっています。しかし、害が全くないというわけではありません。発がん性物質であるタールは含まれていませんが、ニコチンは含まれています。ニコチンは血管を収縮させる作用があり、血圧が上昇する原因となりますし、依存症の危険もあります。ですから、害が全くないのではなく、紙巻きタバコよりも害が少ないというのが正しい認識です。

電子タバコのグローに発がん性物質などの害があるって本当?

電子タバコのグローについて

電子タバコのグローについて

「グロー」は、たばこの葉を加熱することで大幅にニオイや害を減らしながらも、しっかりとした味わいを感じさせてくれる電子タバコです。電子タバコであるため、普通のたばこに比べ、ニオイはより少なく、髪や洋服に残りづらくなっているという特徴があります。その他にも世界保健機関WHOが定めた「9つの有害物質」を大幅に削減するとともに、独自の過熱テクノロジーを使い、誰もが満足できる味わいを実現していることもその特徴です。

電子タバコはグロー以外にもある?

電子タバコはグロー以外にもある?

近年注目を浴びている電子タバコ。グローはそんな電子タバコの一種で、2017年から全国での発売がスタートしました。グロー以外で言えば、アイコス、プルーム・テックが主要な機種でしょうか。この他にもEMILI、MALLE、手軽な価格のFLEVOなど、様々なメーカーから数多くの電子タバコが続々と発売されています。種類によってメリット・デメリットが大きく異なりますので、購入を考える際には自分に合った機種のものを選ぶようにしましょう。

電子タバコグローの種類

電子タバコグローの種類

電子タバコのグローは、2018年1月現在において全国で8種類のフレーバーが販売されています。発売当初は、ブライト・タバコという本来のタバコに近い味わいのものとフレッシュミックス、インテンスリーフレッシュとスムースフレッシュという3種のメンソール系がありました。そこに、宮城県限定で発売されていた、よりケントに近い味わいのリッチタバコと柑橘系の風味が感じられるシトラスフレッシュやプラムの風味が感じられるスパークフレッシュ、甘い香りのグレープ味ダークフレッシュの4種類が加わりました。